イタリアの朝

バールの風景

イタリアの朝は必ずバールで始まります。
綴りは「BAR」ですが英語のバーではありません。
Barには午後のティータイムをメインにしたお店や夜の軽食メイン、デザートがメイン等色々ありますが、どこのお店も朝は朝ご飯を準備しています。

いってもイタリアで朝ご飯は一般的ではありません。カップチーノと甘いパンが定番中の定番です。杏ジャムや生クリーム、チョコやドーナツ等地方ごとに色々ありますが甘いパンとカップチーノはイタリアの朝を感じるメニューです。セットメニューで100円から200円くらいととてもお手頃です。
但し立ったまま食べますのでゆっくりくつろぐ事はしません。

カウンターの中のバリスタ達のガチャガチャした動き、次から次へと入ってきては注文して食べて、さっと出て行く。それはラッシュ時の駅のホームの立ち食いの様な慌ただしさですがとても心地のいい時間だと思います。

ちなみにカップチーノですが朝以外に頼むとイタリア人は少しオエっとなります。

0 コメント :

Post a Comment